2


タイトルイメージ
YAMAGATA−KEN KARATEDO FEDERATION


NEWS!




 山形県公認審判員更新講習会の開催について
 

  更新判定日:12月6日(日)
  提出期限:11月27日(金)

 ※今年度は資格審査会をレポートに代替し、レポートを提出することで資格の更新等します。 ※組手及び方審判員新規審査については令和3年4月に延期します。 

   案内文書(PDF形式)
  

【担当】 資格審査本部・高瀬(携帯:090-2606-6078)



 彩の国杯全国中学生空手道選抜大会山形県予選会の開催について
 
  開催日:令和2年12月6日(日)
  場 所:山形市総合スポーツセンター第2体育館(Google Map)
  申込締切:11月16日(月)必着

現在全空連では,組手競技の際メンホーに“口元マウスシールド”を貼付することを義務づけています。ただし,現時点でまだ市販されておりませんので,参加選手分を本連盟で全空連へ一括手配しております。届き次第各団体へ郵送いたします。

なお,料金(@200円)については同封の文書に従ってお支払い下さい。

 

   案内文書(PDF形式)
   予選会開催要項(PDF形式)
   予選会申込書(Excel形式)
   彩の国杯第15回全中選抜大会実施要項(PDF形式)
   審判・監督会議資料(PDF形式)
   トーナメント表(PDF形式)
   進行表(PDF形式)
   新型コロナウイルス感染症対策に伴う注意事項(PDF形式)重要
   入退出経路(PDF形式)重要
   質疑回答書(PDF形式)
※追記しました

※入場者は注意事項、入退出経路を熟読し順守してください


  【担当】事務局長・山村(携帯:090-3122-7332)



 
第48回全日本空手道選手権大会について
 
  開催日:令和2年12月13日(日)
  場 所:日本武道館

   山形県選手団名簿(PDF形式)






 令和2年度山形県空手道連盟女性委員会研修会実施報告

 令和2年9月12日(土)崇武館本部道場にて飛鳥宗一郎名誉会長を講師に、山形県空手道連盟女性委員会主催の研修会が開催されました。今年はコロナの影響で開催が危ぶまれましたが、対策を万全に行い、参加者を女性委員に限定して和道流基本組手1〜10本目を内容として実施しました。

 研修会は、流派を超えた解り易い内容で3時間以上にわたって行われました。歴史的な説明に始まり、菊地県連盟普及本部長(副理事長)との実技演武も交え丁寧に意味を説明して頂き、充実した研修会となりました。目を閉じて相手の動きを察知し攻防に転じたり、目に見える脱力や極めのある技など、飛鳥講師の年齢を感じさせない演武を間近で見た参加者からは、感嘆の声が上がりました。

現在の組手に活かせる技が多数あり、参加者は真剣に学びながら、研修会を開催できる喜びを感じていました。






 中学校武道(空手道)体験授業実施報告

 令和2年9月9日 山形県東根市立大富中学校において空手道体験授業が行われました。  

これは令和2年度武道推進モデル事業の一環で行われるもので山形県教育庁より山形県空手道連盟に要請があり実現に至りました。 

 今回の体験授業は緑川寿幸常任理事(東京農業大学OB)をメイン講師として菊地健治副理事長がサブに付き、加藤葵理事(帝京大学OB)、阿部莉々子選手(国士館大学2年)の4名で指導に当たりました。

 事前の大富中学校との打ち合わせの中で、「実生活において何か役に立つ護身的な事を是非採り入れて欲しい」と要望がありました。 緑川講師と中学生女子でも容易に出来る技を相談して当日の授業に臨みました。コロナ禍の中での授業なので、感染に充分配慮して授業をすすめました。

 1学年2クラスのそれぞれ1時限の授業で、全員空手道の授業は初めての経験でしたが、みんな真剣な眼差しで取り組んでくれました。 

 
 授業は空手道の歴史、礼法、立ち方、基本技と進み、護身の技の時間では加藤理事と阿部選手が相手から腕を掴まれた場合、襟首を掴まれた場合の対処法を判り易く実技演武し、生徒さんにも二人一組になり実際に体験してもらいました。

 特に女子生徒は、簡単に掴まれた腕を振りほどく事が出来たことに驚きと“出来た!”と云う達成感で満足した様子が見られました。 

 昨年「酒田市立鳥海八幡中学校」で実施した体験授業と同様に女性の指導者を配置した事で、特に女子生徒の皆さんに空手道をより理解してもらえたようです。本連盟では女性委員会が活発に活動しているので、体験授業に女性委員を活用して行こうと思います。

 今回の体験授業を通じて、空手道が実生活においても役に立つものだと実感してもらえたのではと自負しています。授業後のアンケートでは「体験授業はどうでしたか」の設問には、女子23人中20人が男子は19人中18人が「大変良かった」「良かった」との回答でした。

 また、「武道の授業を選ぶならどの種目ですか」の設問には、女子は12人が男子は18人が空手道を選んでくれました。

 

 この様な生徒さん達の熱い気持ちを、何とか山形県初めての武道必修化の空手道採用に結びつけられたらと強く感じました。






 令和2年度春季公認段位・級位審査会の合格者について
 

   合格者名簿(PDF形式)





 令和2年度ジュニア強化指定選手の決定について
 

   案内文書(PDF形式)
   選手名簿(PDF形式)
  

【担当】 ジュニア強化部長・梁瀬(携帯:080-5229-3499)





JKF会員マイページ登録について

   リーフレット(PDF形式)
   少年会員マイページ登録操作ガイド(PDF形式)
   成年会員マイページ登録操作ガイド(PDF形式)
   JKFマイページ登録の案内と一部改正について(PDF形式)
    ※従来通りの申込みをされる場合は、担当者まで連絡ください。
     所定の申込用紙をメールいたします。
   登録様式 (Excel形式)
   会員規程 (PDF形式)

  【担当】 事務局長・山村(0234-22-4733 酒田南高等学校内)



【YKF】新規定書の購入について

 31年度より大幅に規定書が改定されました。
 購入についてはJKFマイページからお願いします。※県連盟での一括購入は行いません。

  →JKFのページへ



#karate2024photoキャンペーン

   参加方法(PDF形式)


全空連公認級位の義務付けと申請について

   通知文書(PDF形式)

  


 全日本空手道連盟会員証及び公認段位免状の再発行手続きについて

   事務連絡(PDF形式)
    リンク:全空連ホームページへ



















このページのトップへ

   Copyright(C) 2008-2020 YKF All Rights Reserved.